恋は雨上がりのように 1話 漫画ネタバレ

女性向けスマホ漫画恋は雨上がりのようにネタバレ > 1話

大人気の恋愛漫画「恋は雨上がりのように」1話のネタバレ情報です!
漫画「恋は雨上がりのように」 イメージ画像

恋は雨上がりのように 1話 ネタバレ

漫画「恋は雨上がりのように」1話のネタバレをご紹介します

恋は雨上がりのようにの漫画をスマホで読む
無料試し読みもあります
バナーをタップ
恋は雨上がりのように(まんが王国)
恋は雨上がりのようにで検索

恋は雨上がりのように 1話

本日の降水確率は10%、雨の心配はありません…
天気予報ではこういっていた…

放課後、教室…
窓側の最後列の席で眠っている女子高生、橘あきら…17歳
この物語の主人公である
おもむろに目覚めるとあきらを呼ぶ男子の声…
その声を無視してバス停に走るが、足に痛みを感じてバスに乗り遅れてしまう…

場面は変わって、ファミレス「カフェレストラン・ガーデン」
あきらは、ここでウェイトレスのバイトをしている…
しかし、感情表現が苦手で、キレ目のあきらは客から少しビビられている様子…
そんな店内には若い客に怒られている男性店員がいた…
この男が、もう一人の主人公、バツイチ、子持ち、この店の店長、近藤正己45歳である…

休憩室…
まかないのサンドイッチにパクつくあきら…
そこに店長が入ってきてデスクワークをはじめる…
大きな音でくしゃみをし、大きな音で鼻をかむ…
しかも、頭には十円ハゲがある典型的なオヤジである…

そんな店長にシフトの希望を手渡しながら、じっと見つめるあきら…
心の中で「すき」とつぶやいてみる…
そう、あきらが密かに恋焦がれている相手は、この店長だったのである…

しかし、そんなあきらの気持ちに気づいていない店長は、見つめるあきらに向かって「そんなに睨まないでくれよ」といってしまうのだった…

まったく睨んでいるつもりもなかったあきらはビックリして「別に睨んでいませんけど…」と返すが店長は、そうは思っていないようだった…
休憩室を出ると頬を赤らめながら「いっぱい喋っちゃった…」と喜ぶあきら…

休憩室に残された店長…
先ほどのあきらの目を「まるでゴミでもみるような目だったな…」と思い返しているのだった…

バイト終わり…、外は天気予報に反して雨が降っていた…
店長は休憩室からそんな外の様子を眺めていた…

折り畳み傘を広げてあきらが出てくる…
すぐに男が走りよってくる…
放課後、あきらに声をかけていた男子高校生だった…
そんな男子高校生を無視して、あきらはさっさと帰宅してしまう…

自宅に帰り、部屋で着替えをするあきら…
靴下を脱ぐと右足首には大きな手術跡があった…

次の日の学校…
休憩時間、陸上部の後輩があきらに近寄ってくる…
大会の出場選手になったことを報告しに来たようだった…
しかし、怪我で陸上を引退したあきらのタイムに及ばないことを気にしていた…
そんな後輩を優しく励ますあきら…

どうやら、陸上のことは吹っ切れているようだった…
なぜなら、今はバイトに行くことのほうが楽しみになっていたからだ

タップ
恋は雨上がりのようにを今すぐ読む
無料試し読みもあります

恋は雨上がりのように 漫画情報

おすすめの女性向けスマホ漫画

こちらの女性向けスマホ漫画もおすすめです

サイトマップ