コウノドリ 2巻3話:被膜児 漫画ネタバレ

女性向けスマホ漫画コウノドリ2巻ネタバレ > 2巻3話:被膜児

妊娠、出産をテーマにした話題の医療漫画「コウノドリ」2巻3話:被膜児のネタバレ情報です!
漫画「コウノドリ」 イメージ画像

コウノドリ 2巻3話 ネタバレ

漫画「コウノドリ」2巻3話:被膜児のネタバレをご紹介します

コウノドリの漫画をスマホで読む
無料試し読みもあります
バナーをタップ
コウノドリ(Handyコミック)
コウノドリ
で検索

コウノドリ 2巻3話

被膜児
ある日、病院のロビーで出産してしまう妊婦がいた…
周囲のスタッフがあわてる中、ひとり鴻鳥だけは落ち着いて対応していた…

それは、研修医時代にアルバイト先の病院で似たような経験をしたことがあったからだった…

15年前…
妊娠32週の患者がお腹の張りをうったえて時間外の病院にやってきた…

病院にはNICU(新生児集中治療室)もなく、小児科医も不在…
産婦人科の医師は、研修医の鴻鳥ひとりだけだった…

ただ、救いは助産師の小松ルミ子がいてくれたことだけ…

そんな状況の中、やってきた妊婦を診察してみると、すぐにでも産まれそうな状態…

慌しく出産の準備をする小松と対照的に鴻鳥は何もできずにいた…

すると、突然、妊婦が声を上げる…

見ると、妊婦の股間から何かが出ていた…

それは、被膜児…

被膜児は、破水をせずに卵膜をかぶったまま産まれる赤ちゃんで、ただちに破膜しないと赤ちゃんの呼吸が妨げられるのだった…

どうして良いかわからず固まる鴻鳥…

はたして、赤ちゃんは助かるのか?

続きは、ぜひ、本編をお読みいただければと思います

タップ
コウノドリを今すぐ読む
無料試し読みもあります

コウノドリ 漫画ネタバレ

コウノドリは、Handyコミックで現在9巻まで公開中です
ネタバレ情報は順次追加していきます

コウノドリ 2巻ネタバレ

コウノドリ 2巻ネタバレ

おすすめの女性向けスマホ漫画

こちらの女性向けスマホ漫画もおすすめです

サイトマップ